一足先にビジネスバッグの活用術

おしゃれなビジネスバッグで周囲と一足先に差をつける

サラリーマンというとスーツをイメージする人は多いかと思います。
このように、スーツはサラリーマンにとっては作業着のようなもので欠かせないアイテムのひとつです。

こだわりのポイント

最近はクールビスの影響などもあり、以前のような紺色やグレーばかりではなくなっているようですが職場によってはなかなか難しいケースもあるでしょう。
それでもビジネス用の小物で個性やオシャレを演出している人も少なくありません。
靴やネクタイ、ハンカチ、ベルトなどがそうですが、ビジネスバッグもそのひとつです。
ビジネスバッグというとこれまでほとんどが黒一色でしたが、最近は紺色にキャメルの縁取りのカバンが流行っているようです。
素材もいろいろで、やはり革が主流ではありますが、雨に強く軽いナイロン素材も多く利用されるようになってきました。
また、形も定番の四角いものだけでなくトートバッグも人気ですし、利便性からリュックタイプも人気です。
ビジネスバッグは毎日持ち歩くものだけに、デザインだけでなく丈夫さや持ちやすさなどにも考慮するといいでしょう。

どんなビジネスバッグがいいのか

スーツやネクタイなどには気を遣っていても、ビジネスバッグにまでは気を廻しているという人はそう多くはないようです。
しかしビジネス小物の中では大きな部類になるので、結構他人の目に留まるアイテムでもあるのですよ。

素材や形にこだわる

ビジネスバッグが相手に与える印象によって、成否の大きな要素となる場合もあり得ると認識しておきましょう。
最近では色や形などが従来の元とは異なるさまざまなビジネスバッグが売られています。
革やそれに準ずるものならビジネスシーンにおいて最適ですが、最近では軽くて丈夫なナイロン製も人気です。
また、手提げだけでなくショルダー式なら重いものを持ち歩いても負担になりにくいでしょう。
ビジネスバッグには見た目も必要ですが、仕事のツールということを考えるとやはり使い勝手を優先させるほうがいいかと思います。
ただし、いくら使い勝手が良くておしゃれだからとリュックサックで得意先を訪問するのはまだまだ受け入れられない風潮もあるのでご注意を。

ビジネスに適したリュック型

ビジネスバッグというと、A4サイズの黒の革の武骨な手提げというイメージを持っている人もたくさんいるかと思います。
でも最近では、リュック型が増えているのですよ。

種類も豊富

これは、健康志向から自転車通勤やジョギングをしながら職場に向かう人が増加していることがひとつの理由です。
また、手提げバッグよりも収納量が多いので、パソコンなど多くの機器を持ち歩く機会の増えた今ではむしろ手提げバッグでは間に合わなくなっているのです。
男性だけでなく、女性にも通勤にリュック姿を見掛けることも珍しくありません。
そもそもこの傾向はアメリカが発祥なので、海外ブランドと日本ブランドがコラボしてビジネス用のリュックを販売しているケースもたくさんあります。
ビジネスシーンにリュックというのは、世界的な人気なのです。
スーツにリュック?という人もまだまだ多いかと思いますが、一度体験してみるとその便利さや機能性に納得するに違いありませんよ

Scroll To Top